スターシードの特徴

 

スターシードって、何も特別な存在ではなく、

枝葉に分かれた、役割の総称だと思っていますが、

 

スターシードは宇宙での記憶を

うっすら覚えている人が少なくなく、

ゆえに、地球では生きずらかったりします。

 

まずは、いきさつから話しますね。

 

かつて、

別々の星に暮らしていたスターシードたちは

この蒼い地球の話を聞きます。

 

そこでは未だに凶悪な犯罪も絶えず、

人々は憎しみ合って争いや戦争が絶えないのだと。

 

そこで立ち上がったのがスターシード。

 

球に調和をもたらし、

愛と光の満ちる星にするための使者として

生まれ変わってきた魂たちがスターシードです。

 

 

テクノロジーの発展した星から来たスターシードは、

地球の進化を進めるため、

科学知識をもたらすためにきました。

 

またある者は、自然に恵まれた星に住んでいて、

薬草やハーブの力や、鉱物の特徴を知り、

自然のありがたさを伝えるためにきました。

 

他にも、創造性に優れ、思いの力によって現実を

変えていくことができることを伝える者、

 

愛と美の星からは、芸術的な感性や、

人を愛する思い、労わる心を伝えるために、

地球人として生まれ変わってきた者もいます。

 

そうしたスターシードたちは、

それぞれの個性を持ち、

自らの特徴(個性)でこの世界を照らすために

志願して地球に降り立ちました。

 

今はまだ自分が何者かわからず、

迷いの中にいても、

 

いずれ自らの魂の輝きに目覚めて、

地球に愛と光をもたらし、

新時代の幕開けを担うため活躍し始めます。

 

自分がスターシードかも??と思う方へ、

スターシードの特徴というものがあります。

 

出身星によって要素が変わりますので、

すべてがあてはまるというわけではありませんが

チェックしてみてください♪

 

★周囲との違いからいじめにあったことがある。

★関心ごとに集中するとまわりが見えなくなる。

★学業では優秀な成績なものと、

全然できないものがある。

★普通の子と違い育児が大変だった。

と言われたことがある。

★大人びた部分があるが、成長しても

子供っぽさが抜けないところがある。

★ADDやADHDなどの学習障害や、特徴がある。

★言葉によるコミュニケーションが苦手で、

思いが直接相手に伝わればいいのにと思い、もどかしい。

★団体行動が苦手で周りから浮いている。

★自分の世界に没頭したり、空想することが多い。

★興味のあるなしがはっきりしていて、

関心のないことは無視をしている。

★化学物質や人工的なものが苦手で、

アレルギー体質である。

★食べ物に偏った好みがある。

★落ち着きがなくじっとしていられない。

★瞑想が苦手。

★周りの人に、変わっている、と思われている。

★集団行動や決められたルールに納得できず、

受け入れられない。

★大勢でいるよりも、一人でいることが多い。

★自分には何か役割があるような気がしているが、

それがわからずに悩むことが多い。

★周囲の人たちの輪にうまく溶け込めない。

★他人と自分は何か違うという違和感を抱いている。

★世の中について、何かがおかしいと、

問題意識を持っている。

★自分の居場所はここではないと思うことがある。

★理想が高すぎるといわれることがある。

★スピリチュアルなことに関心があり、

自分もそうした能力がある、あった気がする。

★愛の波動にとても惹かれる。

★真理をも求める気持ちが強い。

★権力に強い抵抗を感じる。

★人が嘘をついているのか、本当のことを言っているのか、

なぜかわかる時がある。

★クリエイティブな活動や、芸術活動に強い関心がある。

★人の感情が伝わってきて、痛みとして感じることがある。

★人の気持ちや感情に共鳴する力が強く、

自他の感情の区別がつかなくなることがある。

★土地のエネルギーや、

鉱石のエネルギーを感じることがある。

★植物や動物と言語を超えたところで

コミュニケーションをとったことがある。

★この世の存在でないものを見たり、

感じたりすることがある。

★オーラを感じ取るなどの特殊な能力がある。

★UFOを見ることがある。

★宇宙の存在からチャネリングで

メッセージを受け取ったことがある。

★ヒーリング能力が高い。

★静寂の時間が好き。

静寂の時間にエネルギーを充電している。

 

などです。

 

私、かなりの数が当てはまっていて、これを知った時、

「だからだったんだ…。」となんか泣けました。

やっぱね、孤独感はあったんですよ。

他の人の行動や言動が理解できないし、

なんかうまくやれてない感。

 

なぜそうなんだろう。

なぜそうするんだろう。

なぜなぜなぜ???

 

わからなかったのに、

「そういうことになっているんだ」

と無理やり自分に言い聞かせながら

大人になっていった気がする。

 

子供の頃は冷めた子供で、

大人の理不尽さに怒りをもっていた。

 

よく親を睨んで「その目はやめなさい!」

って言われていた記憶があります。笑

 

自分から志願したはずなのに、

地球にがっかりしてた。

今でもはっきり覚えています。

3~4歳頃のがっかり感。

 

同じような感覚を持っていて、

でもまだ目覚めていないスターシードさん、

たくさんいると思う。

 

あなたはどこもおかしくないですよーーー!!
私たちは光を灯す愛の使者です❤

 

そしてね、

特別なことをするというよりは、

自分の心を満たすことに集中するだけ。

 

生き方を見てもらうだけで、

人々の光を灯すことになる。

 

心のままに在る、それだけで。