PTAやめました

 

小学校に上がったら当たり前のように、

PTA会費を徴収されまして、

何も疑問は持たずに、

「そんなものなんだ。」としか思っていませんでした。

 

で、早めに何か役員をやっておこうと思い、

息子が2年生の時に、ベルマーク委員をやりました。

(当時は思考停止でした~。)

 

でも、保護会とかほとんど出ないし、

(出た事はあるけど必要性を感じないので毎回欠席。)

 

夏休みのプール当番が超苦手。

私は高校の時のプールが超絶汚かったので、

プールという場所にトラウマがあります。

こうして、文字にするだけでも、

吐きそうなくらいです 笑

 

なので、これから逃げるには

子供会をやめることだと思い、

子供達にも了解をもらって、子供会を退会しました。

(うちの子たち子供会行事あまり参加したがらない。)

が、

今度はプールはPTAの管轄だからやりなさい、

ときました。

 

こういうものに反発心がムクムク。

めっちゃ怖かったくせに無視しました。

心の声を優先しました。

 

常識的に考えて、プール当番ぶっちとか、

ありえないことなんだけど、やってみました。

 

まあ、怒られたましたよ。

一応、謝りました~。

 

でもエネルギー場ではまったく引かず、

笑顔で、あなた方のお話はわかりましたが、

私は絶対やりません。を貫きました。

 

プールにトラウマがあることは

まったくとりあってもらえませんでした。

ただのわがままだと言われましたが、

わがままは悪いことっていう観念も前に

手放していたのでまったく平気。

 

あきれて帰っていかれました。

 

やるべきことだと信じて疑わない人からすれば、

ありえない行為ですよね。

常識で考えたらわかっていますが、

あえてそこを突破したかった。

 

自分が何をするかは自分で決める。

他の誰かに「これをしなさい」と言われても、

そのとおりにするかどうかは自分で決める権利がある。

 

「私はこう思うからこうします!」と

堂々と発表したかった。

自分の口で、面と向かって宣言したかった。

 

私の中に、そんな願望があったんだと思う。

あの日、3人連れもって怒りにきたことで、

宣言をする、という願望を叶えることができた。

 

キャストとして演じてくれてありがとうございます。

少したって感謝が込み上げました。

 

その年の終わりに、PTAの退会届も提出しました。

 

PTAって戦後のGHQが始めたボランティア団体。

義務ではないわけです。

 

学校始まって以来の退会者だったようで、

役員さんたちの間では騒ぎになったようですが

自分の本当の気持ちを正直に話しました。

何度か話し合いを重ね、

快く退会を了承していただきました。

 

その時のPTA会長さんにも、本当に感謝しています。

 

退会をするけれど、会費は払うと申し出たので、

子供たちに何も影響はありません。

 

今は、旗当番3回と、

文化祭のお手伝いは毎回立候補。

自分が気持ちよくできそうなことをさせていただいています。

 

自分が何をするかは自分で決める権利がある。

義務教育で育った私たちだから、

そのことがわからなくなっている。

 

決められたことを決められたとおりにやるって

私たちはロボットじゃない。

意思も感情もある人間なんだから。

 

やりたくない人同士が見はり合っている、

このようなPTAの体質そのものが疑問。

学校側の金銭的な事情も絡んでいて、

難しい問題だとは思いますが、

 

やりたくなくても、我慢してやる人だらけでは

体質は何も変わらない。

 

「あの人ずるい」と思われて結構。

私は退会を選んだ。

 

実行できた時の、ものすごい達成感と喜びは

今でも忘れられない。

飛び上がりたくなるくらい、魂が喜んでいました。

 

これは私が地球でやってみたかったことなんだ。

 

地域のタブーをおかしちゃう♪

 

あなたは何をやってみたいですか?

 

まさか断れないわよ、

と思ってしぶしぶやっていること、

ないですか?

 

それはどうしても必要ですか?

 

それを「やらない」を選択した方が気持ち悪いかな?

 

思いきってバンジー飛んでみる?

 

ドキドキワクワクのサスペンス♪

挑んでみるのも味わい深い地球時間になりますよ。