子猫が逃げたんだが。

 

今回は猫が逃げた話です。

気になった方はよかったらどうぞ(*^^*)

 

 

新しく来た子猫ちゃん、うちに来て1ヶ月半。

娘さんがうっかり網戸を閉め忘れ

猫2匹ともウッドデッキに出てました。

 

先住猫さんはさっと家に入ってきましたが、

新入り子猫さんは行方不明に。

 

家族で庭や付近を探したのだけど

気配はない。

 

夜だったので暗くてよく見えないのと、

首輪に鈴つけていたんだけど

虫の声も騒がしく全然わからない。

(草ぼうぼうで虫だらけの庭💦)

 

前回の記事に、新入り猫ちゃんは

身体能力が高いので野良でもやっていけそう、

だとか、

 

うちに居てもらっていて

本当にそれでいいのかはわからないけど、

一緒に居たいからいてもらっている、

 

だの呟いていた矢先の出来事。

 

ああ、呟いた事のお試しなのでしょうか…

正解がわかるようにしてやろうか~!

っていうね

((+_+))

 

具現化早すぎるんだが…

 

速攻PCで猫探してますポスターを作り、

LINEで繋がっているご近所友達にも連絡しました。

もらい受けた友達にも電話して相談。

 

帰って来なかったら、

それは外を自由に歩き回る猫になるという

ことを本人が選択したということ。

 

こちらとしては寂しい限りなのですが、

人間の都合にばかり合わせられない。

 

それでもため息は止まらなかったです。

 

深夜1時を過ぎた頃、

なんとなく気配を感じて逃げた窓のところを見たら

緑に光る眼が二つ!!!!

 

窓を開けたらまた気配が消えてしまった…

(T_T)

 

でもね、ちゃんとここから来たって

わかってるってことだよね。

 

行方不明になってさまよっているのではなく、

自由を満喫しているだけ。

 

やっぱり雑種はかしこいな。

 

ゴハンを外に置いてその場を離れ、

早朝4時、ゴハンもムースのおやつも

きれいになくなってお皿がピカピカでした。

 

あの子食欲すごくて、

いつもお皿を綺麗に舐めあげるから、

ちゃんと来てるんだとわかった。

 

そしてきっとまた来る!!!

 

翌日、娘さんは炎天下の中、

近所を捜索。

しょんぼりして帰ってきました。

 

逃げた猫の習性などたくさん勉強したら

勝負は夜中。

ウッドデッキにゴハンとムースを置いて、

娘が番をすることに。

 

で、深夜0時を過ぎた頃、

にゃ~っと窓のところに現れて

網戸を開けて名前を呼んだら

家に入って来てくれたとのこと。

 

ああああ~~~😭

 

うちにいることを選んでくれたと

そのようにとっていいですか。

 

28時間、どこで何を見ていたのでしょう。

どんな経験をしたのかな。

(ちょっと油っぽくなってた。)

 

猫ちゃんにとっても

私たちにとってもドラマでした。

 

帰ってきてからの犬のようなゴロスリ。

前以上に懐いてくれているような気がします。

 

より愛おしくてたまりません!!!

 

あいかわらずやんちゃで、

猫じゃらしがすぐダメになりますが、

元気で何より。

 

一件落着、となったのでした。

 

まあなんか、このように、

意識したらそれが確認させられるという、

なんとスピードの早いこと。

 

これはいろんなことに当てはまるだろう。

 

何にフォーカスするか、

今まで以上に意識すべしです。

 

現実化のスピードは加速している。

 

それが今の地球ゲームの現状ではないでしょうか。

 

おつきあいいただき

ありがとうございました。